Knowledge 豆知識

慣れない不安を解決!はじめての振袖マナー✨

2021.02.10

こんにちは!

今回は、振袖を着たときの

振袖マナーをご紹介します🙋‍♀️

 

振袖は着慣れない分、

着崩れや汚れないかが気になりますよね😂

今回は、そんな不安を少しでも

解消できるようなポイントを

7つをご紹介して行きます。

 

ぜひ参考にしてみてください!

 


1.立つ


 

 

振袖姿は、まず立ち姿から!

「猫背厳禁」でピンと背筋を伸ばすと

キレイな立ち姿になります。

 

また、つま先を軽く内側にすると

シルエットが美しくなるので

わざと内股にしてみましょう。

 

手は、帯の下あたりで

重ねるようにすると◎

 

 


2.歩く


 

歩くときは、

いつもより歩幅を狭くしてみましょう。

歩き方を意識すると

着崩れも防止出来るのでオススメです。

 

また歩くときも程よく「内股」で歩くと

裾が乱れず歩きやすくなります。

 

 


3.座る


 

座るときは、「浅めに座る」がオススメです。

振袖は、帯の飾りが立体的なので

座席にもたれかかるとせっかくの帯結びが

潰れてしまうので注意!

 

また、袖は「膝の上に重ねる」

汚れ防止に!

シワにならないようにキレイに畳んで

軽く手で押えておきましょう。

 

 


4.車に乗る


 

車に乗る時は、「お尻から」

まず座席に横から座り、

体を回転させるように車内へ乗り込みます。

降りる時も、体を回転させて降りていくと◎

 

先に袖を前にたたんで

まとめておくと乗りやすくなります。

 

 


5.お手洗い


 

お手洗いにいく時は、「裾をまくり上げる」

袖も一緒にまくり上げたら

クリップで留めたり、

挟むなどいろいろな方法があります。

 

後ろ側も留まっているか

確認してから用を足すようにしましょう。

 

 


6.手を洗う


 

手を洗う時は、

袖が濡れてしまわないように注意!

腕まくりだけでなく、

クリップで留めたり挟んだりすると

邪魔にならずオススメです。

 

またハンカチは忘れずに!

 

 


7.階段を登る


 

階段を登る時は、

袖や裾を踏んだり、汚さないように

注意しましょう!

 

袖を腕にかけたり、

重ねてまとめたりしながら

裾の上の方(前身頃)を

つまみながら登ると◎

 

 


 

いかがでしたか?

振袖を着る時は、

ぜひ参考にしてみてください😊

 

 

 

 


 

 

いちばん館では、

公式インスタグラムとTikTokを開設中!

ぜひご覧ください❤️

 

Instagram

Tiktok