ブログ

2018/07/23 | 川越店 | とみひろ振袖いちばん館 川越店 浴衣のクリーニングどうしてますか?

猛暑が続いていますが、いよいよ夏まつり&花火シーズン到来ですね♪

 

この夏に浴衣を着る予定の方も多いと思いますが、

次の機会にキレイサッパリと着るために、着た後のお手入れが重要です!

 

クリーニングの方法には2種類あります。

①ドライクリーニング

②水洗い

 

①のドライクリーニングは揮発性の溶剤を使い汚れを落とす方法で、皮脂汚れや、表面についた汚れを落とします。

一方で汗は残ります。

 

②の水洗いは、汗等の水性の汚れを落とします。

皮脂等の油性汚れはそれほど落ちません。

 

また、いずれも飲み物や食べ物をこぼしたりしてシミになっているものはシミ抜きが必要な場合もあります。

※シミになってしまったら、こすったり、水で落とそうとしたりせず、すぐにクリーニング専門店に出してください。

 

では実際、着た後はどうすればよいか?

 

浴衣の素材によってクリーニング方法が異なるので、

浴衣に付いている洗濯絵表示を参考にしてクリーニング方法を考えましょう。

 

綿素材の浴衣は水洗いができるものが多いです。

汗を吸っていたら、洗濯絵表示にしたがって水洗いをして、

何度か着た後、シーズンの終わりにクリーニング屋さんでドライクリーニングに出すのが良いのではないでしょうか。

ただし、水洗いの際にはサイズの縮みに注意が必要なのと、洗濯後に生地に付いていた糊が落ちてしまうので、生地の張りが若干弱くなることがあります。特に生地が絽になってるものは注意が必要です。

※絞りや注染の浴衣はご自宅での洗濯は控えた方がよいです。

 

麻素材の物は、脱いだ後に着物用のハンガーに掛けるか袖が広げるように干して、

霧吹きで水を掛けておくと、汗と水が一緒に飛んでいくといわれています。

やはりシーズンの終わりにクリーニング屋さんに持っていくのがよいです。

 

絹素材の浴衣は着物の専門店に出しましょう。

クリーニングに出さずにそのまましまってしまうと、

翌年出してみたら黄ばんでいた、なんてことになりかねません。

 

「それほど汗をかいていないかな」と思っていても、

帯の下など湿気を吸っている場合もありますのでシーズン後のクリーニングは大切です。

 

 

簡単な説明でしたが、浴衣のお手入れ方法について参考になりましたでしょうか?

もしわからないことがございましたら、お気軽にとみひろ振袖いちばん館の店舗にお問い合わせ下さいませ。

 

なお、とみひろ振袖いちばん館では、浴衣のクリーニングを 3,600円(税抜)で承っております。

※絞りの浴衣は 4,500円(税抜)

着物の専門店ですので適切な方法のクリーニングを承ります。

 

夏の思い出とともに、浴衣も大切に保管してください♪

 

 

============================================================

公式SNS随時更新中

Facebook

instagram

 

資料請求はこちらから

ご来場予約はこちらから

メールでのお問い合わせ

 

とみひろ 振袖いちばん館 川越店

〒350-1123

埼玉県川越市脇田本町15-18 ニューパレスビル本館1階

Tel:049-257-6570

E-mail:kawagoe@tomihiro.co.jp

営業時間:10:00~19:00(水曜定休)

 

アクセス情報

●東武東上線/JR川越線 川越駅 西口より徒歩2分

●お車でお越しの際は店舗裏手の「Dパーキング」をご利用下さい。サービス券をご用意しております。

Google mapで見る

============================================================